埋没毛

毛抜きは埋没毛の原因になる

昔から毛深くてそれが悩みだったので、若い頃は毛抜きを使用して脚のムダ毛を1本1本抜いていたことがありました。

 

到底すべて毛抜きで処理するなんてことは不可能だったのですが、目立つ部分は暇さえあれば毛抜きで抜いていました。

 

毛抜きで処理すると、毛が生えてくるまでの時間が長いような気がしました。

 

それに見た目もすっきりするので毛抜きを使っていたのですが、たまに無理やり毛を抜いて出血してしまうことがありました。

 

それも原因なのかわかりませんが暫く続けた結果、埋没毛が気になるようになってしまいました。

 

毛が新しく生えてきてもなぜか皮膚の中に入ってしまっていて、処理ができない毛が増えてしまいました。

 

一旦は毛抜きで処理してきれいになっても次に毛が生えてきた時には簡単に処理ができなくなってしまい、足を出すのが恥ずかしくて仕方がないようなひどい状態になってしまいました。

 

その為毛抜きでの処理は中止して、暫くは埋没毛を見つけたらできるだけ皮膚から毛を出すだけにとどめて、できるだけ触らない様にしていました。

 

乾燥しがちだったので保湿クリームでしっかり保湿だけはするようにしていました。

 

それ以外はとにかく触らない様にしていたら、自然と治っていったと思います。

 

それ以来脚のムダ毛処理はカミソリのみで行っています。

 

カミソリでの処理は肌が傷つくことがたまにあっても、埋没毛になることは絶対ないので安心です。

 

毛抜きでの処理は絶対やめた方がいいです。かなりの確率で埋没毛になる可能性があると思います。

 

毛抜きとハサミ